EPAと血管の関係

DHAサプリ人気ランキング ※ 今月の1位はあのサプリメントです

EPAと血管の関係について

一般的に血管は20歳代から衰えはじめていくといわれ、飲酒や運動不足、喫煙などの生活習慣も関係しています。

血管が老化すると、血管自体が固くなり、血液が流れる部分も狭くなり、血栓や血小板ができたりドロドロ血などのリスクが高まります。

EPAは細胞を柔らかくすることで機能を高める働きがある成分です。

巡りに大切な血管を柔らかくしなやかにすることで、指先や足先などのすみずみまでの流れをサラサラにしてくれます。

また、全身の巡りがよくなることから血圧対策にも役立つ成分です。

大手機関の調査では、EPAを含む青魚を多く食べる人と、そうではない人を検査したところ、EPAを含む青魚を多く食べている人の方が血管年齢が若く、巡りがサラサラだったという結果報告もあり、働きが注目されている成分です。