EPAの働きと効果・効能

DHAサプリ人気ランキング ※ 今月の1位はあのサプリメントです
DHAサプリ人気ランキング > EPAについて > EPAの働きと効果・効能

EPAの働きと効果・効能について

青魚に豊富に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)はIPA(イコサペンタエン酸)とも呼ばれます。

体内では作り出すことができない必須脂肪酸で食品からの摂取が必要な成分です。
脂肪酸の中ではn-3系の多価不飽和脂肪酸(オメガ3)に分類されます。

DHAと同様に体の細胞を柔らかくする働きがあるEPAは、血液が流れる血管を健康な状態であるしなやかな状態を保ってくれます。

この巡りに対する働きやサラサラする働きはDHAよりもEPAの方が高く、ドロドロの対策により役立ちます。

また、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らすチカラもDHAよりも強いとされています。

近年では免疫力への働きやアトピーや花粉症などのアレルギーの対策になるとの研究結果も明らかになってきています。

この他にも、血糖値の対策や、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防止しダイエットに役立つことが話題になっている成分です。